ホスピピュア イビサクリーム

ホスピピュアとイビサクリームの明確な違いが明らかに!

ホスピピュアとイビサクリームの明確な違いは、
美白する目的部位が違います。

 

【ホスピピュアとイビサクリームの明確な違い】
★ホスピピュアは乳首美白専用クリーム
★イビサクリームはデリケートゾーン専用美白クリーム

 

しかし、どちらも乳首やデリケートゾーン、
脇や膝や肘など、全身に使用できるのは同じです。

 

なので、黒ずみが一番気になる部位で、
選ばれるのが良いでしょう。

 

【ホスピピュアとイビサクリームの失敗しない選び方】
★乳首の黒ずみが気になる方はホスピピュア
★デリケートゾーンの黒ずみが気になる方はイビサクリーム

 

ホスピピュアとイビサクリームはどちらも、
黒ずみケアの性質上、ある程度の期間、
3ヶ月程の継続使用が推奨されています。

 

なので、特別割引価格になり返金保証が付く、
公式サイトの定期コースが断然おすすめです。

 


【ホスピピュアとイビサクリーム定期コースの違い】

商品名

ホスピピュア

イビサクリーム

1本の容量

30g(約1.5ヶ月)

35g(約1ヶ月)

通常価格

9,000円

7,000円

定期コース価格

39%OFFの5,500円

29%OFFの4,970円

返金保証期間

90日間

28日間

継続条件

3回

2回

 

 

イビサクリームの方が価格が安く容量が多いので、
コスパが良いと言えますね。

 

しかし、ホスピピュアの方が返金保証期間が長いのが、
大きなポイントです!

 

どちらも、多くの女性誌に取り上げられ注目されている、
美白クリームで、返金保証付きでお試しできるので、
まず、黒ずみが気になる部位によって選ばれるのが、
おすすめです。

 

 

>>【ホスピピュア】の公式サイトはこちら

>>【イサビクリーム】の公式サイトはこちら

ホスピピュアとイビサクリームの比較

ホスピピュアとイビサクリームは、どちらも人気の高い、
医薬部外品の美白クリームです。

 

両方とも、デリケートゾーンやバストトップだけでなく、
膝や肘や脇など全身に使用できるのも人気の理由です。

 

では、実際に使うならホスピピュアとイビサクリームは、
どちらが良いのでしょうか?

 

 

ホスピピュアとイビサクリームを比較して、
よりおすすめの美白クリームを検証したいと思います。

 

まず、気になるのは有効成分ですよね、
実は、どちらも美白成分はトラネキサム酸です。

 

その他の保湿成分や美白サポート成分も、
さほど変わらないんです。

 

では、何を基準に選べばいいの?

 

実際に使用した方の口コミがとても参考になります。
@コスメでの評価はどうなのでしょうか?

 

【@コスメでの比較】
★ホスピピュア・・・5.0点
★イビサクリーム・・・4.0点
 ※7点評価中

 

@コスメでの評価はホスピピュアの方が高かったです。

 

なお、どちらも無添加処方で敏感肌の方にも、
優しく作られています。

 

ホスピピュアとイビサクリームはどちらもデリケートな部位に、
使用するので、使い心地も気になります。

 

使用した方の口コミによるとどちらも、サラッとしているという声も、
多少ベタつくという声が聞かれました。

ホスピピュアの口コミをチェック

ホスピピュアを実際に使用してみた方たちの、
口コミを集めてみました。

 

ホスピピュアかイビサクリーム、どちらにするか、
迷っている方は参考にしてくださいね。

 

たくさん寄せられている、ホスピピュア口コミの、
一部をご紹介します。

 

 


【ホスピピュアの口コミ】

 

 

ホスピピュアは、大手通販サイトのレビューで。
1位だったので購入してみました。
レビューでは、3〜4ヶ月で効果が実感できるという声が、
多かったのですが、私は2ヶ月目位から効果が出始めました。
また、私の肌質にとても合っていたため、
ストレスを感じるころ無く塗り続けられました。
ドクターズコスメだからでしょうか、
とても使いやすい黒ずみケアクリームです。


 

 

出産後、なおさら乳首の黒ずみが気になるようになり、
どうしたら良いか悩んでいました。
ホスピピュアは、無添加で敏感肌にも使えるという点に、
惹かれて購入しました。
使い始めてもう直ぐ3ケ月になりますが、
乳首の黒ずみが薄くなってきた気がします。
全身の黒ずみに使えるので、脇や肘にも使っています。


 

 

ホスピピュアは、友達に紹介されて使い始めました。
ホスピピュアを使って3ヶ月から4ヶ月程経った頃、
気になっていたデリケートゾーンの黒ずみが、
嘘のようにキレイになりました。
敏感肌の私でも何の問題もなく使い続けられたのも、
良かったです。


イビサクリームの口コミをチェック

ここでは、イビサクリームの口コミをご紹介します。

 

実際にイビサクリームを使用した方が、
どのような口コミをしているのかみてみましょう。

 

 


【イビサクリームの口コミ】

 

 

 

夏、泳ぎに海に行くことになり水着を着るため、
Vラインの脱毛をしていたら黒ずんできました。
どうしたらいいか、ネットで調べていたら、
口コミが良かったのでイビサクリームを買いました。
使い始めて、1ヶ月経った頃に、黒ずみが薄くなっていることに、
気づきました。
黒ずみに悩んでいる方は結構沢山いると思うし、
家族にも知られないで購入できるので、
友人にもイビサクリームを薦めたいです。


 

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいたので、
ネットで検索していたらイビサクリームを発見!
勢いで購入しました。
最初は正直、そこまで効果を期待していませんでした。
実際に使い始めて直ぐは効果はありませんでした。
でも、毎日2回ずつ塗り続けていたら、
2〜3ヶ月過ぎた頃には確実に黒ずみは薄くなりました。
効果を実感できたし、肌にも優しいので、
他の部位にも使ってみたいです。


 

 

イビサクリームは、公式サイト通販の定期コースが、
最も安く購入できるので、定期コースで買いました。
デリケートゾーンと、バストトップに、
毎日1回、塗っています。
使用前に写真を撮っておいたバストトップは、
1ヶ月使用後の写真と比べてみたら明らかに黒ずみが薄くなっています!
私の肌とに合っていたのか、効果が実感できて嬉しいです。


健全で輝くようなきめ細かい肌を持続

成人が一日に摂取したい水分量の目安は約1.5L〜2Lと言われています。

 

人の全身は70%以上が水分によって占められているので、水分量が足りないと直ちに乾燥肌に結びついてしまうので気をつけましょう。

 

おでこに出たしわは、そのままにしておくと留まることなく悪化することになり、消去するのが困難になってしまいます。

 

なるべく早めに確実にケアをすることが重要なポイントとなります。

 

健全で輝くようなきめ細かい肌を持続するために必要不可欠なのは、高級な化粧品ではなく、簡素でも理に適った方法でスキンケアを行うことでしょう。

 

ドラッグストアなどで手に入る美白化粧品は医薬品ではありませんので、お手入れに使ったからと言って短い期間で顔の色合いが白く輝くことはありません。

 

長い期間かけてお手入れを続けることが大切です。

 

肌の大敵と言われる紫外線はいつも射しているのを知っていますか。

 

UVケアが不可欠なのは、春から夏にかけてだけでなく秋や冬も同じことで、美白の持ち主になりたい人は季節に関係なく紫外線対策が肝要となります。

 

食事やサプリメントの摂取でコラーゲンを補給したとしても、全量肌に与えられることはまずありません。

 

乾燥肌に苦労している人は、野菜から肉類までまんべんなく摂取することが必要だと言えます。

 

食習慣や睡眠の質などを見直しても、ニキビや赤みなどの肌荒れを繰り返すのなら、専門クリニックへ赴き、お医者さんの診断を受けるようにしましょう。

 

美白化粧品を用いて肌をお手入れすることは、理想の美肌作りに高い効果があると言えますが、最初は肌が日焼けすることがないよう紫外線対策をていねいに行っていきましょう。

 

顔面にニキビの痕跡が発生してしまったときも、放ったらかしにしないで長時間費やして丹念にケアをすれば、クレーター箇所を目立たないようにすることも不可能ではありません。

 

もとから血の流れが良くない人は、38〜40度程度のぬるま湯で半身浴を行なうようにして血液循環をスムーズにしましょう。

 

体内の血行が良好な状態になれば、皮膚の代謝も活発になるはずですので、シミ対策にも有効です。

 

厄介な肌荒れに悩んでいるのなら、メイクを落とすクレンジングを見直しましょう。

 

クレンジングには洗浄性が強力な成分が用いられているので、かけがえのない肌が傷つく可能性はゼロではないのです。

 

外で大量の紫外線を受けて皮膚が日焼けしてしまった人は、美白化粧品を使ってお手入れする以外に、ビタミンCを補給ししっかり睡眠を意識して回復していきましょう。

 

費用をそんなに掛けずとも、質の高いスキンケアを実施できます。

 

確実な保湿や紫外線対策、栄養たっぷりの食事、質の良い睡眠は最上の美肌作りの手法です。

 

良い香りを醸し出すボディソープを利用すると、フレグランスなしでも体自体から良いにおいを放出させることが可能なので、身近にいる男性にすてきな印象を与えることができるのです。

 

雪のような美肌を実現するには、単純に肌の色を白くすれば良いわけではありません。

 

美白化粧品に頼り切りになるのではなく、体内からもケアするようにしましょう。

更新履歴
page top